琉球畳どっとこむ  >> お部屋の採寸方法

お部屋の採寸方法

和室の畳を製作する場合、まずお部屋の寸法を測ってください。

例えば6帖のお部屋ですと2,640mm×3640mmというようにご指定ください。

それと製作する畳の厚みを15mm〜55mmの間でご指定ください。

建物は人間が作るものですので、見た目には、真っ直ぐ(!)、直角(!)に見えたとしても、微妙に曲がっていたりすることが、けっこうあります。そのため、3箇所ぐらい測っていただき、最も短い部分でご指定ください。

最も短い部分でご指定いただく理由は、お部屋のサイズより畳が大きい場合には、畳が入らないことがあるからです。しかしその逆に、たとえ5mm小さくしたとしても、お部屋の両端に2.5mmずつ隙間が開くだけですので、それほど目立たないためです。


和室の寸法
図のように3カ所程度サイズを計ってください。
(例えばAの両サイドが2,640mmで真ん中が2,638mm、Bの上と真ん中が3,640mmで下が3,637mmの場合、2,638mm×3,637mmとご指定ください。)

寸法が分かりましたら、縁なし畳がどのようなサイズのものが何枚必要で金額がいくらかをご連絡いたします。

市松敷きになるように製作をして、敷き方の図面とともにお届けいたします。

お部屋のサイズが分かりましたら弊店の琉球畳オーダーフォーム(オーダーサイズのお見積もり)より送信いただければ回答は早いと思います。

ご不明な点などありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

無料畳表サンプル請求はこちらです
サイズオーダー畳のご依頼、別注製作見積もり
FAXでの置き畳のご注文見積もりはこちらは
     
採寸方法
置き畳の事例集
置き畳に関するよくある質問